京都大学防災研究所 社会防災研究部門 都市空間安全制御研究分野 文部科学省

事業概要

現在の技術では完成した実際の構造物の耐震性能を直接的に把握することは困難である。また地震によって被災した構造物の残存性能を把握することも難しい。 本事業では、新しい計測方法と実験手順によって、今まで困難であった構造物の耐震性能を的確に評価できる手法を開発し、各種の振動実験・振動観測によってそれを確立させることを目的とする。 そのために、多数の研究機関・民間企業に強震応答実験装置及び周辺計測機器、長周期振動実験システムの利用を促進しようとするものである。